就職活動などを中心にいろんな話題を取り上げます。

Edyクレジットカード

Edyとクレジットの関係とは?

クレジットにEdy機能がついているものがあります。

電子マネーを取り扱うところが、最近とても増えました。

SuicaやPASMO、WAONなどのカードに、お金を使ってポイントを入れ、お金として使うという仕組みです。

数々の電子マネーの一つとしてあるのがEdyで、この頃店頭でEdyマークを見ることも多くなりました。

Edyはソニーの系列会社の電子マネーです。

Edyは、日本では18万4,000件の店の精算に用いることができるようになりました。

クレジットカードやそれ以外のカードでEdyがついているカードは多く、Edyの拡大に一役買っています。

楽天、ヤマダ電気、ANAカードなどのANAなどでクレジットカードを作るとEdy機能があります。

ポイントカードやキャッシュカードにも対応しています。

クレジットカードを使った買い物でEdyポイントが溜まるというタイプもあって、相乗効果的にポイントが入ります。

ポイントがたまりやすいというメリットもあります。

クレジットカードにEdy機能がプラスされたものは使いやすく人気があります。

クレジットカードと電子マネーの両方を兼ね備えたカードは、今後も人気が出つづけるでしょう。

Edy機能など電子マネーのついたクレジットカードを賢く使いこなすことで、日々の買い物を簡単なものにしたり、お得な買い物ができるようになったりします。

VISAカードの機能がついているものがネットショッピングでも幅広く使えて便利ですよ。

クレジットによるEdyのチャージって?

クレジットカードにEdyのチャージができる場合があります。

電子マネーは使った金額だけ減っていきますので、頃合いを見てチャージをしなければ使えません。

電子マネーのチャージでは、専用のチャージ機にカードをあて、ポイントやお金を払い込む手続きが必要となります。

Edy機能では、クレジットカードから直接チャージすることもできます。

その時はクレジットカード対応チャージ機から操作します。

チャージの額に対応したポイントをEdyとして使えることもあります。

もし身近に機械がない場合、Edyは自宅でもクレジットカードからチャージができます。

フェリカ、パソリなどパソコンに繋いでチャージ操作ができる、ICチップの読み取り機器があります。

ちなみにEdyはソニー系の会社がやっています。

ソニーが作ったパソコンVaioであれば、読み込みの機能がすでに付いているようです。

パソリはネット通販や電気屋で簡単に入手できます。

一台当たりの価格は2,500円程度となります。

Edyにチャージできるクレジットカードは限られていて、チャージのポイントがつくクレジットカードはほんの一部だけです。

電子マネーのポイントがチャージに応じて増えるという仕組みは、あまり見なくなるでしょう。

クレジットカードとの関係をよく調べて使ったほうが、Edyのようによりお得にポイントをためることができます。

電車利用が多いならSuica対応カードも人気の選択肢です。

クレジット以外のEdyの利用とは?

Edyは、クレジットの他にも便利に使えます。

いくつもの会社と契約を交わしているEdyは、幅広い場面で使うことができます。

クレジット会社との提携もその1つです。

買い物などの支払いをクレジット払いにすることで、Edyのポイントもたまっていきます。

Edyポイントを別のポイントに移したりと、色々と融通がききます。

例えば、ANAカードの場合は、EdyポイントにANAのマイレージポイントを回すことができるようになっています。

ANAとEdyとの関係は、JALとWAONとの関係に相当します。

電子マネーとして画期的な特徴に、お財布携帯としての利用があります。

普段のちょっとした買い物でも小銭を細かく出さずともできることがお財布携帯の利点です。

EdyはNTTと提携しているためそれができます。

携帯電話が財布のように利用でき、クレジットカードからチャージすることも簡単にできます。

店によっては、ポイントカードがEdyと繋がっているというカードを発行しています。

アコムマスターカードなどのように、クレジットカードにはいい印象がないから持ちたくないという人もいるようです。

その点電子マネーは買い物をする時の現金払いと同様の使い方ができるという点があります。

Edyはクレジットカードやポイントカードだけでく、キャッシュカードや会社の社員証、学校の学生証と提携しているというケースもあるようです。

■カード払いが可能な公共料金はこちら
>



▲Pagetop