就職活動などを中心にいろんな話題を取り上げます。

あこがれの職業、宇宙飛行士の収入とは?

人気の高い職業というと、宇宙船に乗って宇宙に行ける宇宙飛行士があります。

収入はどのくらいなのでしょう。

将来は宇宙飛行士になりたいという夢を抱き続け、そして夢を現実のものとして宇宙飛行士になった日本人として、山崎直子さんがいます。

女性の宇宙飛行士としては日本人2人目、そしてスペースシャトルに日本人として最後に乗った人です。

子どもを持つ母親が宇宙飛行士になった日本最初の例として、山崎さんは様々なメディアで取り上げられました。

山崎直子さんの夫である大地さんは、宇宙飛行士になるという妻の夢を全面的にバックアップし支えたといいます。

現在では、大地さんが一家の主夫として、家事全般と子育てに従事しているといいます。

宇宙飛行士という職業は、どれらいの収入があるものなのでしょう。

一般的に日本人が宇宙飛行士になるには、宇宙航空研究開発機構の職員になることからスタートします。

宇宙航空研究開発機構から給与を受け取る形で、まずNASAで2年間の訓練を積みます。

訓練が無事に終了すると、宇宙飛行士になれるのです。

月の収入は30歳で30万円、年2回のボーナスがあり年間収入としは約750万円だそうです。

ちなみに宇宙飛行士の野口さんの年間収入は約1,000万円といわれています。

長年の夢を叶えて、かつ年間750万円の収入があるのなら、非常にいい話だと感じる人もいるでしょう。

ただし宇宙飛行士は大変な職業です。

人によっては、この年収が宇宙飛行士には高いと感じるかもしれませんし、低いと感じるのかもしれません。

宇宙飛行士になりたい人は多く、300倍の倍率をくぐり抜けなければいけません。

9年はかかりますし、収入に合う仕事かもしれません。

看護師不足の中、看護師求人はたくさんあります。

カテゴリー: 就職・転職
あこがれの職業、宇宙飛行士の収入とは? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

«

»



▲Pagetop