就職活動などを中心にいろんな話題を取り上げます。

高収入の職業、弁護士の年間収入って?

弁護士は、収入が高い職業として、昔から人気が高いといいます。

弁護士は1カ月あたり55.3万円、一年間に平均801.2万円の収入があると、厚生労働省の調査報告が出たことがあります。

弁護士という職業は、弁護士法に定める弁護士の資格を有する者です。

民事、刑事、企業法務、臨床法務、予防法務、戦略法務など法律全般における専門家のことです。

主に弁護士事務所に所属したり自分で弁護士事務所を設立して、裁判の弁護などの案件を受注、着手金、法廷での弁護の費用、成功報酬を得るという収入スタイルになります。

国内で弁護士として活躍するだけでなく、国外の弁護士資格を得て国際弁護士になれば、一層収入を増やすことができるでしょう。

2002年に閣議決定された司法制度改革推進計画では、弁護士資格の有資格者を増やす取り組みが決まっています。

日本で行われる司法試験合格者を年間3000人にまで増やすというものです。

特に弁護士の人口は急激なペースで増加しています。

今のペースで弁護士が増員してしまうと、弁護士人口は2018年には約5万人となる見込みです。

そのため、弁護士資格は取ったものの、法律事務所や企業、官公庁などの求人枠の少なさから、就職できないという時代もきそうです。

収入が高く人気の高かった弁護士のはずが、収入がほとんどないという状況もあるかもしれません。

近い将来の弁護士の需要を検討した場合でも、社会的に弁護士の存在が求められるようなシチュエーションにはなりにくいようです。

これから先も弁護士のという職業の収入は担保されているのか、検討が必要かもしれません。

銀行などに就職したときに、宅建の資格は有利です。

LEC宅建講座で就職前に資格を取っておこう。

カテゴリー: 就職・転職
高収入の職業、弁護士の年間収入って? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

«

»



▲Pagetop