就職活動などを中心にいろんな話題を取り上げます。

HOME

人気職業ランキング

最近では、職業ランキングの上位に安定した仕事が増えています。

公務員や大企業への採用を望む人が多いのは、仕事を失う心配が少ないところを探しているためでしょう。

大学のランキングで志望者の多い学部を見ると、就職に有利にな理系の志望が増えています。

バブルの頃は文系に進む男子が多かったのに比べ、近年の男子は理系を選びがちだと言われています。

文系の場合は、なかなか就職が厳しいとも言われていますが、国際化が進む中、英語の語学力で身近な職業が人気ランキングの上位に入る特徴があります。

グランドホステスという職業が、学生達の間の職業ランキングでは上位に入ってきています。

国際空港のカウンターに立ち、チケットの取り扱いや空港内のアナウンス業務をしています。

職業名を聞くことは少ないですが、目にしたことがあるという人は多いでしょう。

グランドホステスは、女性にとって憧れの職業であり、なりたい人は多いようです。

特に空港関係の仕事はいつの時代も憧れの的で、人気ランキングでも常にベスト10に入る職業の一つです。

飛行機に関する仕事につきたいけれど、身長や視力の関係でパイロットやフライトアテンダントになれないという人も少なくありません。

グランドホステスは、身長や視力に制限はなく英語力を生かせた仕事でもあります。

大学で英語の勉強をしてきた女子の好む職業のランキングでは、このような仕事が注目されています。

安定した職業・収入として公務員は根強い人気。

LEC公務員講座で国家公務員を目指そう。

あこがれの職業、宇宙飛行士の収入とは?

人気の高い職業というと、宇宙船に乗って宇宙に行ける宇宙飛行士があります。

収入はどのくらいなのでしょう。

将来は宇宙飛行士になりたいという夢を抱き続け、そして夢を現実のものとして宇宙飛行士になった日本人として、山崎直子さんがいます。

女性の宇宙飛行士としては日本人2人目、そしてスペースシャトルに日本人として最後に乗った人です。

子どもを持つ母親が宇宙飛行士になった日本最初の例として、山崎さんは様々なメディアで取り上げられました。

山崎直子さんの夫である大地さんは、宇宙飛行士になるという妻の夢を全面的にバックアップし支えたといいます。

現在では、大地さんが一家の主夫として、家事全般と子育てに従事しているといいます。

宇宙飛行士という職業は、どれらいの収入があるものなのでしょう。

一般的に日本人が宇宙飛行士になるには、宇宙航空研究開発機構の職員になることからスタートします。

宇宙航空研究開発機構から給与を受け取る形で、まずNASAで2年間の訓練を積みます。

訓練が無事に終了すると、宇宙飛行士になれるのです。

月の収入は30歳で30万円、年2回のボーナスがあり年間収入としは約750万円だそうです。

ちなみに宇宙飛行士の野口さんの年間収入は約1,000万円といわれています。

長年の夢を叶えて、かつ年間750万円の収入があるのなら、非常にいい話だと感じる人もいるでしょう。

ただし宇宙飛行士は大変な職業です。

人によっては、この年収が宇宙飛行士には高いと感じるかもしれませんし、低いと感じるのかもしれません。

宇宙飛行士になりたい人は多く、300倍の倍率をくぐり抜けなければいけません。

9年はかかりますし、収入に合う仕事かもしれません。

看護師不足の中、看護師求人はたくさんあります。

高収入の職業、弁護士の年間収入って?

弁護士は、収入が高い職業として、昔から人気が高いといいます。

弁護士は1カ月あたり55.3万円、一年間に平均801.2万円の収入があると、厚生労働省の調査報告が出たことがあります。

弁護士という職業は、弁護士法に定める弁護士の資格を有する者です。

民事、刑事、企業法務、臨床法務、予防法務、戦略法務など法律全般における専門家のことです。

主に弁護士事務所に所属したり自分で弁護士事務所を設立して、裁判の弁護などの案件を受注、着手金、法廷での弁護の費用、成功報酬を得るという収入スタイルになります。

国内で弁護士として活躍するだけでなく、国外の弁護士資格を得て国際弁護士になれば、一層収入を増やすことができるでしょう。

2002年に閣議決定された司法制度改革推進計画では、弁護士資格の有資格者を増やす取り組みが決まっています。

日本で行われる司法試験合格者を年間3000人にまで増やすというものです。

特に弁護士の人口は急激なペースで増加しています。

今のペースで弁護士が増員してしまうと、弁護士人口は2018年には約5万人となる見込みです。

そのため、弁護士資格は取ったものの、法律事務所や企業、官公庁などの求人枠の少なさから、就職できないという時代もきそうです。

収入が高く人気の高かった弁護士のはずが、収入がほとんどないという状況もあるかもしれません。

近い将来の弁護士の需要を検討した場合でも、社会的に弁護士の存在が求められるようなシチュエーションにはなりにくいようです。

これから先も弁護士のという職業の収入は担保されているのか、検討が必要かもしれません。

銀行などに就職したときに、宅建の資格は有利です。

LEC宅建講座で就職前に資格を取っておこう。



▲Pagetop